ラクトプランを子供が飲んではダメ!

ラクトプランを子供が飲んではダメ!について

ラクトプランのホームページには、次のように書かれています。

ご注意
1.乳幼児の手の届かない所に置いてください。

2.乳幼児及び小児は摂取をお控えください。


乳児は1歳未満

幼児は1歳以上7歳未満

小児は7歳以上15歳未満

を指しています。


ですので、ラクトプランを中学生以下の子供に飲ませてはダメです。



なぜラクトプランを中学生以下の子供に飲ませてはダメなの?

ハウスダイレクトに問い合わせると、次のような回答をいただきました。

・中学生以下の子供は成長期にある。

・成長期は、食事、運動、睡眠で免疫力を育てる必要がある。



子供の免疫力を高めるには

ハウスダイレクトが答えているように、子供の免疫力を高めるには、食事、運動、睡眠が大切です。

食事

バランスのよい食事を摂ることは言うまでもありません。

朝・昼・夜の3食をしっかり摂るこことも大切です。


その上で1つにしぼれば、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えることが最も効果的です。

それは、腸内で悪玉菌が優位にたてば、免疫力が低下し、風邪、がん、肥満、糖尿病など、あらゆる病気にかかわることが近年の研究でわかっているからです。

また、免疫細胞全体の約6割が腸内にあるというのもその理由です。

ラクトプランを子供が飲んではダメ!



乳酸菌やビフィズス菌を直接摂ることで善玉菌は増えます。

ヨーグルトや乳酸菌飲料を食事にプラスするのが手軽な方法です。

また、オリゴ糖や食物繊維を摂ると善玉菌のエサになるので、善玉菌を増やすのに有効です。

オリゴ糖は、納豆、バナナ、アスパラ、タマネギ、ニンニクなどに多く含まれています。


乳酸菌とビフィズス菌を補給して、免疫力を高める飲物はコレ!

こどもバナナ青汁

ラクトプランを子供が飲んではダメ!


こどもの免疫力を高め、栄養不足、運動不足、肥満を解消するために開発されたこどものための青汁です。


興味のある方は、ぜひ「こどもバナナ青汁」をチェックしてみては、いかがでしょうか。

こどもバナナ青汁の公式サイト

↓ ↓ こちら ↓ ↓




運動

過酷な運動をするアスリートは、防衛体力を犠牲にするため免疫力が低下し、風邪などを引きやすいと言われています。

ですので、適度な運動が大切です。

20分から1時間歩くだけでもナチュラルキラー(NK)細胞と呼ばれる自然免疫因子が活発になります。

ナチュラルキラー細胞は、全身をパトロールし、がん細胞やウイルス感染細胞を見つけると攻撃してくれます。


睡眠

子供の年齢にもよりますが、学齢期ですとだいたい8時間から10時間の睡眠が必要とされています。

ラクトプランを子供が飲んではダメ!


眠りについてから最初の3時間に成長ホルモンが多く分泌されます。

特に最初の90分間で最も多く分泌されます。

※夜の10時から深夜の2時の間に成長ホルモンが分泌されるので、この間に寝るとよいという説は否定されつつあります。

眠りについてから3時間以内に目が覚めないようにするには、子供ですと日本茶のようなカフェインを含む飲み物を寝る前に飲むのはよくありません。


質のよい睡眠をとることで、免疫力も向上します。